IS6FX(旧is6com)の口コミから判明!メリット・デメリット

海外FX業者・IS6FXのトップページ

海外FX業者・IS6FX(アイエスシックスエフエックス)

以前はis6com(アイエスシックスコム)という名称で運営を行っていました。

is6com時代は「出金拒否」や「利益が出過ぎて口座凍結された」といった悪い口コミが絶えませんでした

2020年10月に、大手ITコンサル「TEC world」によって買収され、現在の名称にリニューアルしてから悪い評価はどうなったのでしょうか?

SNSに投稿された口コミを見て、IS6FXのメリット・デメリットを徹底解説します。

 

良い口コミ
  • 出金スピードが早い
  • 無料でVPSをレンタルすることができる
  • キャンペーンがある

 

悪い口コミ
  • キャンペーンに当選しない
  • スプレッドが広い
  • 2万円以下の入金だと手数料1,500円を取られる
  • DD方式を採用しており、呑み行為を行っている疑惑がある

 

口コミから分かった「IS6FX」のメリット

出金スピードが早い

「is6com」時代、出金申請を出し口座に振り込まれるまで、1か月もの時間かかる人が多発していました。

IS6FXの出金スピードに関するツイート

 

IS6FXの出金に関するツイート

7、8回問い合わせをしても入金がない」など対応の悪さも目立っていました。

is6com側は「新型コロナウイルスの影響により営業に支障が出ており、出金にかかる時間が7~10営業日前後する」と説明していましたが、実際には倍の日数がかかっています。

IS6FXにリニューアルしてからは、約1か月かかっていた出金が3営業日以内になり、格段にスピードが早くなりました

Twitterでは「IS6FXになってから出金が早くなった!」という驚きの声が上がっています。

IS6FXの出金に関するツイート

 

ただし、IS6FXで初めて出金を行う場合は、出金申請のあとに送信される「本人確認のSMS(ショートメッセージ)をチェックする必要があります

このショートメッセージを確認しない限り、いつまでも出金されません。届いているかチェックしてください。

またIS6FXから送られてくるSMSは「国際SMS」のため、うまく受信できていない場合があります。

メッセージが見当たらない場合は、サポートに問い合わせてください。

 

 

IS6FXの入出金方法は?

入金はクレジットカードもしくは銀行送金の2種類、出金は銀行送金のみとなっています。

他の海外FX業者と比べると、入金・出金どちらも選択肢が少ない印象をうけました。

入金方法 口座の基本通貨 入金手数料 最低入金額 反映時間
クレジットカード USD,JPY 無料 50USD/5,000円 即時
銀行送金 USD,JPY 無料 100USD/10,000円 入金確認後

入金手数料は無料となっていますが、2万円未満の入金の場合は1,500円の手数料が発生します

 

出金方法 出金可能通貨 反映時間 出金手数料 最低出金額
銀行送金 JPY 3~5営業日 月1度まで無料 5,000円

2回目以上、出金を行う場合は出金額2%の出金手数料がかかります。また、出金額が20万円以下の場合は一律4,500円の手数料がかかります。

 

無料でVPSをレンタルできる

VPSは「仮想専用サーバー」といい、自動売買EAを利用するうえで必要不可欠なものです。

自動売買EAとは過去の取引を参考に勝率の高いトレードを自動的にできるよう、プログラミングされたソフトのことです。

EAの稼働を持続するためには、24時間PCの電源をつけっぱなしにしていなければなりません。

そのため、火災・電気代・PCトラブルなど様々なリスクが伴います。

VPSを利用することにより、24時間PCを稼働しなくても自動売買が行われ続けます。

IS6FXでは毎月口座に50万円の残高がある場合、無料でVPSをレンタルすることができます

条件を満たしていなくても、$28(約3,800円)を支払えばVPSの利用が可能です。

 

他海外FXのVPS無料レンタル条件

IS6FX ゲムフォレックス XM FXジャイアンツ
口座残高50万円 口座残高50万円 口座に1,000ドルかつ、月に往復5ロットの取引 口座残高5万円

 

基本的にどこの海外FX業者も無料利用条件は厳しいです。

2022年より、XMが無料利用条件のハードルを下げたものの、口座に1,000ドル入っているうえで取引条件もあるのは、まだまだキツイと感じます。

マイナーな業者ではありますが、FXジャイアンツは「口座残高5万円」でVPSを無料レンタルでき、非常にハードルが易しめです。

気になった方はFXジャイアンツの口コミ評価を調査!をご覧ください。

日本語対応している

公式サイト、サポートともに日本語に対応しています。

海外FXの中には日本語未対応の業者もいるので、日本語で返信がくるのは安心感があります。

しかし、is6com時代は「どれだけ多く問い合わせをしても、定型文でしか返ってこない」という口コミが目立っていました。

 

 

口コミで分かった「IS6FX」のデメリット

キャンペーン当選しない

IS6FXでは期間限定のキャンペーンが実施されています。

基本は新規口座開設をしたトレーダー対象の「口座開設ボーナスキャンペーン」と、「抽選100%入金ボーナスキャンペーン」の二種類です。

2022年7月現在は、入金すると100%のボーナスが付与されるキャンペーンが開催中です。

しかしSNS上で評判をみると、出金してから当選しなくなったという声を多く目にしました。

「全員当選!」とハズレ無しのキャンペーンでも、クレジットボーナス10%と200%といった高いボーナスが当たることは少ないようです。

日本人に有名な海外FX業者・GEMFOREX(ゲムフォレックス)でも「出金をしたら当たらなくなる」という口コミを多く目にしました。

IS6FXやGEMFOREXでは利益を出している“勝ち組トレーダー”にはボーナスを与えないように操作しているのかもしれません

GEMFOREXのボーナスについてまとめた記事はこちらから→GEMFOREXの口コミから判明!メリット・デメリット

 

IS6FXのボーナスに関する口コミ

 

スプレッドが広い

口コミを調べていて、1番出てきたワードは「スプレッドの広さ」です。

IS6FXは口座ごとでスプレッドが異なるほか、変動制をとっています。

 

IS6FXの口座タイプ一覧

  • マイクロ口座

 1ロット=1,000通貨から取引できる、少額からFXを始めたい人向けの講座です。レバレッジは最高1,000倍になっています。

  • スタンダード口座

 1ロット=10,000通貨から開始できる口座です。レバレッジはマイクロ口座と同じく、1,000倍になっています。ボーナスの利用が可能です。

  • プロ口座※新規口座開設の受付を停止

 裁量トレード専門の口座です。 IS6FXの中で、一番狭いスプレッドですが、現在新規受付を停止していあす。

  • レバレッジ6000倍口座

 その名の通り、レバレッジ6,000倍をかけられる口座です。こちらの口座は限定100名となっています。

 

口座ごとのスプレッド一覧

  マイクロ口座 スタンダード口座 プロ口座 レバレッジ6,000倍口座
USD/JPY 2.0 1.6 0.8 1.4
EUR/JPY 2.0 2.9 1.1 2.1
GBP/USE 3.1 1.5 0.7 1.3
AUD/JPY 3.7 2.9 1.4 2.7
USD/CHF 2.9 2.3 1.3 2.5

 

海外FXの場合、米ドル/円の平均スプレッドは2.18

IS6FXは平均に近いスプレッドと言えそうです。ただ、変動制をとっているため必ずしも上記の表のようなスプレッドとは限りません。

IS6FXのスプレッドに関するツイート IS6FXのスプレッドに関するツイート

スプレッドが広いうえに、よく滑るということで「IS6FX」の使用を避けるトレーダーもいました。

 

出金拒否はないものの約定拒否や、呑み行為がある

リニューアル前は「出金拒否」というワードで口コミが溢れていました。

出金拒否だけでなく約定拒否スリッページに関する話題も多くあり、利用者は不信感から別の海外FX業者へ乗り換えをしていました。

 

IS6FXの出金拒否や約定拒否に関するツイート IS6FXの出金拒否や約定拒否に関するツイート

 

リニューアルした現在は、「出金拒否」というワードは出てこなくなったものの、

「口座凍結」「約定拒否」といった口コミが目に入りました。

 

 

IS6FXはDD方式を採用している?

海外FX業者の多くは「NDD方式」を採用していますが、IS6FXは「DD方式」を取り入れていると噂されています。

NDD方式・DD方式
  • NDD方式

    FX業者が介入せず、顧客の注文がそのままインターバンク市場へ流れる方式のことです。

    NDD方式は相対取引ではないので、約定拒否・スリッページ・ストップ狩りされる心配がありません。

 

  • DD方式

 DD方式とは相対取引とも呼ばれ、トレーダーとインターバンク市場にFX業者が介入し、取引をする方法です。

 トレーダーの買い注文をFX業者が一度呑み、FX業者が顧客の代わりにインターバンクへ注文を流します。

 顧客の利益がFX業者の損失になるため、顧客が利益を出し始めると約定拒否スリッページなど不正操作を行い、利益を出しすぎないようにされる可能性があります。

 

DD方式はトレーダーが負けた分だけ、FX業者側の利益になります。

約定拒否が多いIS6FXは「DD方式の業者で、儲けるために約定拒否をしているのではないか?」という疑惑を持たれています。

 

IS6FX(旧:is6com)の口コミまとめ

IS6FX(旧:is6com)を選ぶうえで知っておきたいポイント
  • 過去に出金拒否のウワサが絶えなかった「is6com」がリニューアルした業者。
  • スプレッドが広く、約定拒否が起こりやすい
  • DD方式を採用している可能性がある
  • レバレッジ6,000倍の口座があるが、限定100と数が決まっている。
  • 日本語サポートが整っている。
  • 入出金の反映が早い

 

口コミを調べた結果、メリットよりもデメリットのほうが多く目立ちました。

リニューアル前に問題になっていた「入出金の遅さ」は解決したものの、スプレッドの広さや過去の出金拒否問題への懸念からか利用を避ける人が多いようです。

私も今回、口コミを調査していて特に魅力が感じられませんでした。

昔は「海外FX=危険」と考えられてきましたが、現在は信頼・安全が高い業者が増えています

IS6FXよりも高い信頼性を誇る業者を選ぶべきでしょう。

 

海外FX 口コミ評判 掲示板
平均評価:  
 2 口コミ
投稿者:かずくん

ライセンスないのと信託保全なしの段階でだめだとおもいます。海外FX怖いから。

投稿者:kaz

海外のFX業者だとボーナスキャンペーンなんてあるんですね。ただ書いてあるとおりライセンスが無いのは危なそう

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く