FXジャイアンツは「NDD方式だから安全」という評判は本当?

海外FX,口コミ,評判,FXジャイアンツ,NDD方式,ECN,STP

NDD方式とはトレーダーとインターバンク市場(銀行やLP)の間にFX業者が介入しない、透明性が高いとされる取引方式です。

管理人:卯月
管理人:卯月
反対にFX業者が注文に介入する方式をDD方式と言います。選ぶ業者によってスリッページ約定拒否が起こりやすく、透明性が低い取引方式です。

FXジャイアンツではNDD方式を採用しています。

NDD方式を採用している海外FX業者は多く、私も利用していて安全性の高さを実感しています。

今回はNDD方式をまだよく知らない人のために、徹底解説していきます。

NDD方式にも「STP方式」と「ETN方式」の2種類に分類され、非常にややこしいです。

FX初級者・初心者の方にも理解できるように、なるべく分かりやすい記事にしますので、口座開設を検討している方は参考にしてみてください。

FXジャイアンツの口座開設はこちらから→FXジャイアンツ公式サイト:口座開設

NDD方式とDD方式って何のこと?

さて最初にFXジャイアンツが採用している「NDD方式(No Dealing Desk)」と、相対する「DD方式(Dealing Desk)」の違いを明瞭にしたいと思います。

すごく簡単に言うと、以下の通りです。

  • NDD方式→FX業者が顧客の利益を操作をすることはできない。
  • DD方式→FX業者が顧客の利益を操作できる。

 

この2つの違いについて、図を用いてさらに細かく説明していきます。

NDD方式は「銀行と直接取引」なので透明性が高い

海外FX,口コミ,評判,FXジャイアンツ,NDD方式

トレーダーの利益を操作できないのがNDD方式だと上に書きました。

その理由は、トレーダーの注文をFX業者が仲介することなく、直接銀行(インターバンク)に流すから。

管理人:卯月
管理人:卯月
注文に介入できないので操作しようがないんです!

NDD方式を採用しているFX業者がどう利益を得ているかというと、スプレッド取引手数料です。

そのためNDD方式のFX業者は「多くの顧客が勝ち、長くトレードを続けてほしい」と考えています。

 

一方、DD方式は・・・

DD方式は「FX業者(ディーラー)が仲介」するので透明性が低い

海外FX,口コミ,評判,FXジャイアンツ,DD方式

DD方式だと上の図から分かる通り、トレーダーとFX業者が取引を行い、FX業者がインターバンク市場で売買を行います。

顧客が出した利益はFX業者にとって損失、顧客が出した損失はFX業者にとっての利益となる相反関係なのです。

そのため顧客の注文を流すかどうかは、FX業者に所属するディーラーが判断します。

つまり呑み行為が発生しやすいのです。

他のサイトを確認すると「ノミ行為」とカタカナ表記されているところも多くありますが、意味は同じです。

また、顧客を負けさせるために以下のような行為も発生しやすいです。

  • ストップ狩り

 顧客は損失を抑えるため、「ストップ注文」というものを設定しています。ストップ注文が発生すると、持っているポジションを自動的に決済し、ロスカットを回避できます。

 DD方式を採用しているFX業者は、インターバンク市場で流れているレートとは違う価格を提示して、意図的にストップ注文を誘発させ稼いでいる可能性があります。

  • スリッページ

 顧客が狙った価格よりも、離れた価格で約定されることです。狙った価格よりも有利な価格で約定されたなら嬉しいですが、ほとんどは不利な価格で約定されます。

  • 約定拒否

 注文取引を拒否されることです。レートが大きく動くときに売買注文をされると、業者にとっては大きな損失が出てしまうため、約定拒否をされることが多いです。

  • レート操作

 ストップ狩りの項目でも説明しましたが、インターバンク市場で流れているレートとは違う価格を提示して、顧客の損失を誘うことです。

 

国内FX業者はほとんどがDD方式を採用しています。
ハイレバレッジをかける顧客ほど、業者の不正行為に遭う可能性が高いため、現在、国内FXはレバレッジ25倍までに制限されています。

透明性が高くなってきたとはいえ、業者による不正行為が全く行われていないとは限りません

透明性が高い取引を行いたいなら、NDD方式を採用している業者を選ぶべきです。

 

NDD方式には「STP方式」と「ECN方式」の2種類がある

透明性の高いと言われるNDD方式ですが、執行方法の違いでさらに細かく分類されています。

それが「STP方式」と「ECN方式」です。

海外FX,口コミ,評判,FXジャイアンツ,NDD方式,ECN,STP,分類表

(出典:https://btj0.com/blog/fx/dd-ndd-stp-ecn/)

上記の4つの方式の分類表について、おさらいを含めて説明します。

FXの注文方式は大きく分けてDD(Dealing Desk)NDD(No Dealing Desk)の2種類に分かれます。
国内の多くのFX業者はDDを採用していて、逆に海外のFX業者のほとんどはNDDを採用しています。

海外FX業者であるFXジャイアンツは、もちろんNDD方式を採用しています。

そしてNDDはさらに

  • STP(Straight Through Processing)
  • ECN(Electronic Communications Network)

…の2つに分類されます。

STP方式

STP方式ではFX業者が顧客の注文を一旦決済し、インターバンク市場に注文を出します

…上記の文章をみるとDD方式に似ていますが、STP方式を採用しているFX業者は上乗せしたスプレッドで利益を得ており、取引の透明性が高いです。

 

ECN方式

ECN方式はインターバンク市場に直接注文が流れます。ECN方式を採用しているFX業者は取引手数料で利益を得ています

 

STP方式、ECN方式、どちらも透明性は高いですが、直接インターバンク市場に注文が流れるECN方式のほうがより透明性が高いです。

 

FXジャイアンツはSTP方式、ECN方式、どちらに対応しているのか?

FXジャイアンツはSTPとECNの両方に対応しています

どの口座がSTPとECNに分類されるかは公表していませんが、口コミ評判によると「ECN」方式の割合が多いという意見が多いです。

つまり、FXジャイアンツはNDD方式を採用している海外FXの中でも、より透明性の高い取引を提供する海外FXだと言えます。

実際にFXジャイアンツでトレードしていますが、透明性の高さを実感しています。

FXジャイアンツの基本情報を詳しく知りたい方は下記をクリックしてご覧ください。

→「FXジャイアンツの口コミ評判と解説」はコチラ

またFXジャイアンツの口座開設は数分でできる簡単なものです。

どんなものなのか知りたい方や少額で取引開始してみたい方は下記をチェックしてみてください。

→「FXジャイアンツの口座開設(無料)」はコチラ

海外FX 口コミ評判 掲示板
平均評価:  
 5 口コミ
投稿者:ソキ

このなんとか方式ってグレイだな。ほんとにダイジョウブ?

投稿者:博士

ECNまで細かく、よく説明してくれました!

投稿者:たかちゃん

わかりやすい!どのサイトでもNDDとかDDまでは書いてあっても、STP、ECNまでは書いてない。よくネットで調べても本当のことはわからないと言いますが、ここには書いてありました。ノミ行為、許せません!!

投稿者:ワタベノボル

ECNについて日本人はぜんぜん知らないと思う。というかFXジャイアンツなんかの海外FXは宣伝が下手なんじゃないの?本当に安全なら、そこを宣伝すればみんな海外のFX業者に乗り換えると思う。

投稿者:リュウイチ

NDD方式で、ECNなのは、FXジャイアンツ以外にはないんですか?

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く