TradeView(トレードビュー)の口コミ評判と解説

海外FX,口コミ,評判,TradeView

このページでは海外FX「TradeView(トレードビュー)」をリサーチした口コミ評判の情報を軸として、

TradeViewの実態やユーザーが享受できるメリット・デメリット、さらに安心して使えるかなどを詳しく解説します。

どの海外FXにするか迷っている」「TradeViewを利用してみたい」「TradeViewの安全性について知りたい」という方は、ぜひお読みになってみてください。

これから初めてFX取引をするという初級者の方も理解できるように、専門用語なども噛み砕いて、なるべく分かりやすい記事となるよう配慮しています。

海外FX「TradeView(トレードビュー)」の実態と口コミ評判

tradeviewは「Tradeview Ltd」が、2004年に創業した海外FXです。

本社の所在地はケイマン諸島(Cayman Islands)にあり、ここは西インド諸島を構成する諸島のひとつです。

イギリスの海外領土であり、グランドケイマン島、ケイマンブラック島、リトルケイマン島の3島から構成されている国家です。

会社名 Tradeview Ltd
ライセンス CIMA License No. 585163
所在地 94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Grand Cayman, KY1-1108, Cayman Islands
設立年月日 2004年6月1日
社員数 非公開
資本金 非開示
日本人サポート 4名
サポート対応時間 月曜午前5時~土曜6時

知名度はそれほど高くないものの、口コミ評判は多く、良質な海外FXであるという評価もあります。

TradeViewの口座タイプは?

Tradeviewの口座タイプは以下の5種類です。

  • X Leverage口座 
  • ILC口座 
  • MT5口座 
  • cTrader口座 
  • Currenex口座

それぞれの口座に、それぞれ特徴があるので、一概には言えませんが・・・

スプレッド(手数料)が狭い口座がいいなら「ILC口座」「MT5口座」であり、
TradeView独自のプラットフォームで取引したいなら「cTrader口座」です。

基本的にFX初級者の方には「X Leverage口座」が良いという口コミ評判が多いです。
もっともスタンダードな口座で、使い勝手も悪くなさそうです。

「Currenex口座」に関してはプロ用だと思ってください。
主にヘッジファンドや機関投資家が利用する口座です。

TradeViewのスプレッド

Tradeviewの「ILC口座(Innovative Liquidity Connector口座)」は

海外FXの中で”最狭”と言われています

海外FX,口コミ,評判,TradeView,スプレッド

上記は、TradeViewのリアルタイムスプレッドをスクリーンショットした画像です。

USD/JPYが「0.1pips」、EUR/USDが「0.2pips」などなど、

全体的に見ても、相当狭いスプレッドであることが分かりますね。

口コミ評判でもTradeViewの狭いスプレッドを評価している書き込みが多いです。

TradeViewのレバレッジ

TradeViewのレバレッジは、X Leverage口座で「最大500倍」、

ILC口座は「200倍」、MT5口座は「100倍」、

そしてcTrader口座は「400倍」に設定されています。

他の多くの海外FX業者が最大レバレッジ400~500倍であることを鑑みると、TradeViewのレバレッジは平均並と言えます。

TradeViewのボーナスは?

多くの海外FXが魅力的なボーナスで利用者を惹き付けているのに比して、TradeViewにはボーナスの類が一切ありません

口コミ評判によると、TradeViewは・・・

スプレッドを極限まで削ることで顧客還元するタイプの海外FX」だと言うのもありました。

初めてFX取引をするという初級者の方には、ボーナスと聞いてもピンとこないかもしれませんが、

最初は、ボーナスだけで、自己資金なしで、FX取引を開始できるという海外FXも多いんですよ(笑)。

その点から見れば、個人的には少し寂しい気もします

TradeViewの取引プラットフォーム

TradeViewが提供するプラットフォームは、「MT4」「MT5」「cTrader」「CURRENEX」の4種類です。

でも、X Leverage口座はMT4しか利用できません。

・・・しか利用できない、と書きましたが(苦笑)、もちろんMT4でも充分に最新の取引機能を搭載しています

ただ口コミ評判によると「cTrader」が使えることに評価を示しているものも多いです。

cTraderは、スキャルピングにも特化した非常に優れたプラットフォームなのですが、まだまだ利用できる業者が限られます。

この「cTraderが使える」という点も、Tradeviewの大きなメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

【スキャルピングとは】

スキャルピングとは、FX取引の代表的な取引手段のことです。
数銭から数十銭というわずかな利幅を狙って、一日に何度も取引を繰り返して、利益を積み上げていく投資方法です。

TradeViewの日本語サポート

海外FX,口コミ,評判,TradeView,日本語サポート

Tradeviewの日本語サポートを受ける方法は3つあります。

  • ライブチャット
  • メール
  • コールバック

この中で、ライブチャットはLINE感覚で、スピィーディーにやり取りできるので使いやすいという口コミ評判がありますね。

日本語サポートの受付は、24時間だが、返信は、もちろん平日の営業時間内に限られます。

ライブチャットも同じく、平日だけですが、メールサポートだけよりはマシです(苦笑)。

TradeViewの約定力

Tradeviewの約定スピードは速い、という口コミ評判を散見しました。

その理由として・・・

Tradeviewの約定力が強固なのは、エクイニクス(EQUINIX)の「ニューヨークデータセンター(NY4)」に自社サーバーを設置しているからだという情報があります。

エクイニクスは世界中の大手金融機関が利用する世界最大のデータセンターです。

海外FX業者でいうと、TitanFXやLANDFXなども利用していることで知られています。

TradeViewにゼロカットシステムはあるの?

もちろん多くの海外FXと同様、Tradeviewもゼロカットシステムを採用しています。

万一、相場が急変して、口座残高がマイナスになっても、マイナス分の追証を請求されることはありません

マイナス分はTradeviewが肩代わりしてくれるからです。

このサイトで何度も言っていますが、この「追証なし」が、私を海外FXに惹きつけている大きな理由です

ネット上の口コも評判も、同様に、このTradeviewのゼロカットシステムを評価しています。

TradeViewの口コミ評判まとめ

ここまでTradeviewについて書いてきましたが、

大きな魅力とか実績といったものは、ほとんどなく、レバレッジも平均並と、特に強くこの会社を勧める理由が見当たりませんでした(苦笑)。

でも、Tradeviewの悪い評判も、それほど多くなく、つまりは「可も不可も無い」というのが私の正直な意見となります

ただ「スプレッドが狭い」、この点に関しては口コミ評判も高く、私も同意します。